TOP » お呼ばれした時の豆知識

結婚式にお呼ばれした時の豆知識

小物

友人や親しい親戚・知人などの結婚式にお呼ばれした際、服装や靴・髪型等の見た目には気を使う必要があります。何も考えずに自分の着たい服を着て、気に入った髪型をして、好きな靴をはいていってしまっては、会場で一人浮いてしまうという散々な場面を作り出してしまうかもしれません。そうならないためには、その場に合った服装や靴・髪型について考え、知識を深めておくことが一番。

基本的に結婚式では、花嫁が白いウェディングドレスを着ることから白い服を着ていくことはタブーとなっています。また結婚式は二次会も含めると長時間にわたることが多いので、高すぎるヒールをはいていくと無駄に疲れてしまいますから、はきなれた高さの靴で出かけるようにすることをおすすめします

髪型も花嫁より目立ってしまわないよう抑え目なスタイルを選択した方が良いでしょう。また当然ではありますが、大切な結婚式の場に汚れた衣服などを身にまとって出席することは絶対にしてはいけません。

結婚式 履く靴に関する豆知識

友達や親戚・知人などの結婚式に招待された際、悩んでしまうことの一つに「靴」があります。服装は決まってもどのような靴を履いていけばいいのかが分からず、いつまでたっても決まらないということはままあります。

結婚式ではなるべく足先の出ないパンプスを履いていくようにしましょう。ヒールに関しては低すぎるものや太すぎるものは場にそぐわないので、細くて3センチ以上あるものが好ましいと言えます。

また露出の多いものは出来るだけ避けるようにしましょう。結婚式は正式な場ですから、露出の多いカジュアル度が高めの種類のものはふさわしくありません。加えて、ヒョウ柄やわに革・へび革などのアニマル柄もNGとされています。このようなものは人々に殺生を連想させるので、お祝いの場である結婚式では失礼にあたります。

こうした知識をもとにしながら、自分の持っている靴の中から最適なものを選べば、式に招かれている人々や新郎新婦に不快な思いをさせる心配はありません。