TOP » 二次会の知識

結婚式出席 覚えておきたい二次会の知識

結婚式出席

最近の結婚式について覚えておきたい知識の一つは、式が披露宴と二次会の2部構成で行なわれる傾向にあることです。

外野から結婚式を見ている人の中には、披露宴で招待された人は皆集まるのだから、わざわざ披露する場を2度も設けなくても良いのではと考えている人もいることでしょう。しかし、披露宴は新郎新婦それぞれの両親や親族、職場の上司などの立場のある人に自分自身を紹介し、結婚したことを報告する儀式としての意味合いが強く、厳かなものになりがちです。そこで、披露宴とは別の場所で、新郎新婦の友人たちの企画により、付き合いのある友人のみを集めて一緒にお祝いをするための集いが行なわれるようになりました。これが発展したのが二次会です。

二次会は結婚披露宴が行われた後、移動や準備の時間をおいた後に行なわれるのが一般的ですが、外国で結婚式を挙げてきた新郎新婦が、後日国内の友人や職場の同僚を招待して開催することもあります。このケースでは、国内で開催するものが実質的な結婚披露宴となります。